2006年05月23日

ダ・ヴィンチ・コード

通勤時間に本が読めなくなったので
最近は全然本なんて読んでなかったんだけど
巷で話題になってるし、会社の先輩が持ってたので
ダ・ヴィンチ・コード借りて読んでみました。

宗教的な細かい説明とかは難しくて
さらっと読み飛ばしちゃう感じだったけど、
館長がソフィーに宛てたメッセージを解き明かす所は面白かったなー。

でも、ラストはなんかイマイチ。
導師の正体がわかった後、
導師以外の人はいい人なんですよみたいなアピールがね・・・バッド(下向き矢印)

聖杯の在り処がわかった時のラングドンもビミョー。
せめてソフィーと2人で来いよ!みたいな。

映画見に行く気は全然ないけど、
あれだけ長い話がどう映画になるかはちょっと気になるな。
そのうち機会があれば見てみたいかもー。
posted by piro at 01:25| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も読みたいと思いつつ読んでない。。。
何でか上・下とわかれてたりすると読む気なくなっちゃう。
本2冊とか読むのは平気なのに何でだろ?!
Posted by やすこ@関西 at 2006年05月25日 09:42
確かに上・下巻とかに別れてると
ちょっと怯むよね〜。
欲しいと思ってた本でも買うのためらっちゃうもん。
やっぱり2冊以上になると結末がわかるまでが
長くて大変だからかなぁ?
Posted by piro at 2006年05月26日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード/監督
Excerpt:  映画「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード/監督観てきました。  言うまでもなくダン・ブラウンの大ベストセラー小説の映画化です。  ストーリーは、ルーブル美術館の奇妙な死体のメッセージからラング..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-05-23 08:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。