2005年07月07日

紫のアリス

柴田よしきの紫のアリスを読みました。

主人公の周りで起こる「不思議な国のアリス」に関連した奇妙な出来事の真相を探る話です。


最初はなんとも思わなかったけど、
読み進めてみると
ただの頭のおかしい人の妄想ですか?って感じ・・・。
でもまさか主人公の頭がおかしいなんてことは
ないだろーと思ってたらほんとに頭おかしいし!
(-ω-;)ウーン、それってどうなの?

この話を読んで感じたのは
横領罪で服役できるぐらい正常な精神なのに
人を殺したって証言しても精神異常者だから
裁かれないっておかしいよなー、ってことぐらい・・・。

設定とか全体的にムリありすぎで私的にはかなりイマイチ。
posted by piro at 00:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。