2005年08月08日

球形の季節

恩田陸の球形の季節を読みました。

東北地方の小さな町の高校生に奇妙な噂が広がり、
その噂を調査している最中に噂が真実となり・・・って話です。

この本、友達から借りる時に散々ビミョーって言われてたんですけど、
ほんとにビミョー!!

結局、何が言いたいの?って感じ。

大体、無駄が多すぎなのよね。
1冊の本にする為に無理やりのばした?みたいな・・・。

主要キャラも多すぎだし、
それぞれのエピソード的な話も、
本筋に関係ないんだからいらない(・_・ )ノ" ゜ ポイッ

読んでて苛立ちを感じないから
意外と面白いんじゃ?なんて思った私が馬鹿でした(笑)
(_ _。)・・・シュン
posted by piro at 23:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。